急病の入院治療と同程度の手当てを患者の自宅で施す在宅治療は有効

BiotToday.com 2018-06-27

 救急科(ED)患者を募って実施した試験の結果、急病の入院治療と同程度の手当てを患者の自宅に出向くか通信装置を介して届ける在宅入院<Hospital-at-home (HaH) >治療は通常の入院治療に比べて急病期間短縮や30日間の入院/ED再訪率低下などの転帰改善と関連し、患者の受け(ratings of care)も良いことが示されました。
 HaH治療群の急病期間は医師や看護師が毎日出向いたりビデオ通信を介して患者を手当てをし、急病解消後30日間は看護師やソーシャルワーカーが患者に自己管理支援や必要な医療への橋渡しを提供しました。
 HaHが広く普及するように米国政府はHaHへの支払い制度を早急に確立すべきと著者は言っています。一方、論評者はもっと慎重で、支払い制度は更なる検証が必要と言っています。

関連ニュース
Hospital-at-Home Bundled Program Associated With Better Clinical Outcomes, Patient Experiences / AJMC
Hospital-at-Home Care a Potential Alternative to Inpatient Care / PHYSICIAN’S FIRST WATCH
参考文献
Hospital-at-Home Care Programs-Is the Hospital of the Future at Home?. JAMA Intern Med. Published online June 25, 2018
Association of a Bundled Hospital-at-Home and 30-Day Postacute Transitional Care Program With Clinical Outcomes and Patient Experiences. JAMA Intern Med. Published online June 25, 2018

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す