「たばこは薬物」、覚せい剤上回る依存性指摘 日本禁煙学会、ホームページに見解

キャリアブレイン 2018年06月27日

日本禁煙学会がホームページに掲載した「たばこは薬物」との見解
 日本禁煙学会(作田学理事長)は、「たばこは薬物」との見解をホームページに掲載した。たばこの依存性については「コカイン・ヘロインに次ぎ、アルコール・覚せい剤を上回る」としている。
 見解では、たばこが日本人の健康寿命を縮める最も大きな原因の1つであると指摘。受動喫煙で1年間に死亡する人の数は、交通事故の死者数の3倍以上の1万5000人との推計値を提示し、「たばこによる犠牲者数を抜本的に減らすためには、ニコチン依存症を克服して禁煙を達成することが必要」としている。
 たばこの依存性についても言及しており、「覚せい剤やアルコールよりも強い依存性をもたらす『薬物』であることが多くの研究で明らかになっている」と説明。また、「喫煙習慣の本質はニコチン依存症」としている厚生労働省の禁煙支援マニュアルも紹介している。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す