親の介護費用を補償  損保ジャパン、10月発売

Medifax digest 2018/5/16

 損保ジャパン日本興亜は14日、子どもの負担となる親の介護費用を補償する企業向け団体保険を10月に発売すると発表した。高齢の親の介護で、会社員など現役世代の子どもが離職する事例が増えており、経済的な面から支援する。
 今回の保険は、介護保険制度の要介護2~5に当たる親を持つ子どもを主な対象とする。家事代行サービスや住宅改修などの費用を、最大1000万円まで支払う。
 損保ジャパンによると、要介護認定者は640万人を超え、親の介護を理由とする離職者は年間約10万人に上る。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す