看護師が2年で6万9千⼈増加、准看護師は減少 厚⽣労働省、2018年衛⽣⾏政報告例の結果公表

キャリアブレインマネジメント 2019年09⽉04⽇

 厚⽣労働省は4⽇、2018年衛⽣⾏政報告例(就業医療関係者)の結果を公表した。18年末現在、就業していた看護師は
121万8,606⼈で、前回の16年分と⽐べて6万9,206⼈増えた。⼀⽅、就業していた准看護師は、前回⽐1万8,632⼈減の30万
4,479⼈だった。
 就業看護師は、この集計を始めてから毎回増加している。18年末現在の⼈数を年代別に⾒ると、40-44歳が18万3,793⼈(15.1%)で最も多く、以下は45-49歳(15万9,750⼈、13.1%)、35-39歳(15万7,790⼈、12.9%)、25-29歳(15万4,222⼈、12.7%)などと続いた。
 これに対し、准看護師の就業⼈数は、02年の39万3,413⼈をピークに減少が続いている。年代別では、55-59歳の5万262⼈(16.5%)が最多。以下は、50-54歳(4万5,895⼈、15.1%)、45-49歳(4万229⼈、13.2%)などと続き、40歳以上が全体の8割超を占めた。
 18年末現在の⼈⼝10万⼈当たりの就業看護師数を都道府県別に⾒ると、最も多かったのは⾼知で1,511.0⼈だった。以下は、⿅児島(1,394.3⼈)、佐賀(1,335.4⼈)、⻑崎(1,319.2⼈)などの順。埼⽟(693.6⼈)が最も少なかった。
 ⼈⼝10万⼈当たりの就業准看護師数については、宮崎が571.4⼈で最多。熊本(556.4⼈)、佐賀(553.0⼈)なども多かった。最も少なかったのは東京で90.9⼈だった。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。