【東京】住宅で高齢夫婦死亡「妻の認知症に悩む」とメモ

NHK 2019年4月8日
 8日午前、東京・練馬区の住宅で、この家に住む80代の夫婦が死亡しているのが見つかりました。 夫が書いたとみられるメモに「妻の認知症に悩んでいた」などと記されていて、警視庁が詳しい状況を調べています。 8日午前11時前、東京 練馬区錦の住宅で「人が倒れている」と訪問したケアマネージャーから110番通報がありました。 通報を受けた警察官が駆けつけたところ、1階のリビングでこの家に住む 夫の齊藤晴彦さん(83)と妻の陵子さん(83)が死亡しているのが見つかりました。 警視庁によりますと、夫は首をつった状態で、妻はソファーの上で仰向けの状態で倒れていたということです。 また、テーブルの上には夫が書いたとみられるメモが残されていて「妻の認知症に悩んでいた」などと記されていたということです。 警視庁が2人の生活状況や死亡した詳しいいきさつを調べています。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。