【埼玉】介護人手不足、空きベッド問題 埼玉県、人材確保見通し

朝日新聞 2018年7月6日

 介護人材不足などを背景に特別養護老人ホーム(特養)で空きベッドが増え、埼玉県議会が特養の整備予算を凍結している問題で、県は5日までに、この3年間で人材確保ができるとの見通しを県議会に示した。8千人以上を確保するという。6月定例会最終日の6日の議会の対応が注目される。
 特養には必要な人員配置の基準があり、介護人材不足のために入居希望者を受け入れられないケースが出ている。4月現在で空きベッドは718床。新たな特養の整備に県議会から疑問の声があがっている。
 県の説明では、この3年間で県が整備を計画する3679床のために新たに約1800人の介護人材が必要。介護職は過去3年で平均年19%が離職し、そのうち約3分の2は介護職自体を辞めた。今後3年間も同率だと約5900人を確保する必要がある。これに、現在の空きベッドの解消に必要な238人などを加え、計8244人の確保が必要になると試算する。
 これに対し、この3年間に県内で新たに介護職に就く人は、過去の実績などから①ハローワークを通じて約3700人、②各特養が1施設あたり年2人を採用し県全体で約2500人、③県の職業訓練などの事業で約1100人、④県の福祉人材センターを通じて約550人、⑤介護福祉士の養成学校などから450人の計8319人が確保できる見通しだと試算した。
 県議会でこの問題を審議する特別委員会では、「働く人が減るから過去の実績は通じない」などの異論が出た。一方で、「介護職員が多く必要で入居費用も高くなる特養のユニット型個室の整備は見直すべきだ」(自民党の委員)との主張を県が採り入れる姿勢を見せたこともあり、関係予算の凍結解除につながるか、注目される。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す