マスク1500万枚 医療機関に順次配布 一般向けは品薄続く見通し

NHK 2020年3月23日

 マスクの不足が続く中、政府は一括して購入した1500万枚のマスクを、より優先度が高い医療機関へ順次、配布しています。
 このうち、東京 世田谷区にある国立成育医療研究センターには23日、1万枚のマスクが届けられました。
 この施設は、リスクの高い妊婦や新生児疾患の赤ちゃんを多く抱えていますが、このところマスクを安定して入荷することが難しくなっているため、1日当たりに使う枚数を1200枚から900枚ほどに絞り込み、節約しているということです。
 施設の企画戦略局の桐生康生局長は「子どもや妊産婦の重症の患者を診察することが多く、マスクをいただけたことは大変ありがたい」と話していました。
 経済産業省などによりますと、1500万枚のマスクは今月中をめどに都道府県を通して医療機関に配布するほか、これとは別に介護施設や保育所などには洗って繰り返し使える布製のマスク2150万枚を確保し、順次配布しています。
 一方、一般向けは生産や輸入を増やしていますが、依然として需要が供給を大きく上回り、品薄の状況はしばらく続く見通しです。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。