介護施設の入居補助、縮小へ 資産要件を厳格化 厚労省

朝日新聞 2019年11月20日

 厚生労働省は、低所得の高齢者に介護施設の食費・居住費を補助する「補足給付」の対象者を縮小する方向で調整に入った。今は預貯金などの資産が「1千万円以下」の人が対象だが、約500万円までの間で引き下げる。社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会に近く示す予定。
 特別養護老人ホームなどの入居費用のうち、食費・居住費は自己負担が原則だが、住民税非課税世帯の人らには月2万2千~6万9千円を補足給付している。2017年度の対象者は121万人で、支給額は3165億円。
 15年8月からは、低所得の要件を満たしても、預貯金などが単身で1千万円超、夫婦で2千万円超ある場合は対象外となった。しかし、在宅で介護サービスを受ける人は食費・居住費を負担していることや、保険料を支払う現役世代との負担の公平性の観点から、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)などで見直しを求める声が上がっていた。与党内にも目立った反対意見はない。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。